竹中直人“迷MC”ぶりに宅麻伸ら共演陣が困惑 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年11月7日 > 竹中直人“迷MC”ぶりに宅麻伸ら共演陣が困惑
メニュー

竹中直人“迷MC”ぶりに宅麻伸ら共演陣が困惑

2009年11月7日 12:18

司会だけどフォトセッションには中央に!「僕らのワンダフルデイズ」

司会だけどフォトセッションには中央に!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 竹中直人の主演最新作「僕らのワンダフルデイズ」が11月7日、全国99スクリーンで公開。竹中が神林噛歯(かんばやしかんば)名義で司会を務めた東京・角川シネマ新宿では、出演の宅麻伸段田安則斉藤暁稲垣潤一浅田美代子星田良子監督、音楽アドバイザーの奥田民生が舞台挨拶を行なった。

タキシード姿の神林こと竹中は、共演者らを1人1人ステージに呼び込む演出の段階からノリノリ。宅麻が、「竹中君がいないけれど、すっきりしていいかも」と挑発してみせたが、「その通り」と受け流す竹中に場内は爆笑に包まれた。

セリフをかみっぱなしで、司会らしからぬ竹中の“迷MC”ぶりに戸惑ったのか、その後もチグハグな内容に。奥田が「スーツで来たのに、サプライズ感を出せと普段着に着替えさせられた」とこぼせば、星田監督にいたっては「稲垣さんは、この映画の撮影中に再婚したのよ」と暴露する始末だ。昨年10月に10歳年下の一般女性と結婚した稲垣の映画出演は、「愛はクロスオーバー」(87)以来22年ぶり。それだけに、「笑いあり涙ありの作品。共演者の皆さんと出会えたことが何よりの財産」と笑顔をのぞかせていた。

映画は、余命数カ月と勘違いした平凡なサラリーマンが、青春時代の仲間を誘ってバンドを再結成。中年オヤジ5人が熱い心を取り戻し、最も大切なものが何なのかに気づいていく様子を、涙と笑いを誘いながら描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi