ケイト・ウィンスレット、名誉毀損で訴えていた英紙に勝訴 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年11月5日 > ケイト・ウィンスレット、名誉毀損で訴えていた英紙に勝訴
メニュー

ケイト・ウィンスレット、名誉毀損で訴えていた英紙に勝訴

2009年11月5日 11:31

ピラティスだけでこの体型よ!

ピラティスだけでこの体型よ!
Photo:Newscom/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ケイト・ウィンスレットが、英デイリー・メール紙を名誉毀損で訴えていた裁判で勝訴したことが分かった。同紙には2万5000ポンド(約370万円)の損害賠償の支払いが命じられた。

問題となったのは、今年1月に「ケイト・ウィンスレットは、世界一癪(しゃく)にさわる女優としてならオスカーをとれるのでは?」という見出しで同紙に掲載された記事。なかでもウィンスレットは、彼女が実践する「毎日自宅でピラティスを20分やるだけ」というフィットネス法が「嘘に決まっている」と書かれたことが許せなかったようだ。ウィンスレットは、以前から過剰なダイエットに対して批判的であることで知られている。

ウィンスレットは、11月3日に行われた裁判の場に姿を見せなかったが、弁護士を通じて「私のフィットネス法が嘘だと決めつけられたことに何より憤りを感じ、そして、女性の体やダイエットの問題に関するこれまでの私の発言が心からのものであることを示すためにも、私には謝罪を求める責任があると考えたのです」とコメントを寄せた。そして、「女性は自分のあるがままの姿を受け入れられるようになるべきだというのが私の信念であり、(特別な運動はしていないと言ったことを)嘘だというのは、私を偽善者だと糾弾するのに等しいものです」と改めて自身の信念を訴えた。

なお、同紙を発行するアソシエイテッド・ニュースペーパーズは、裁判に先だった9月に謝罪声明を出していた。ウィンスレットは、今回の賠償金を全額チャリティに寄付することを明言している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi