ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーが共演?降板続きの新作に急展開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年11月5日 > ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーが共演?降板続きの新作に急展開
メニュー

ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーが共演?降板続きの新作に急展開

2009年11月5日 17:28

この超豪華共演、実現するかはまだ微妙「ターミネーター4」

この超豪華共演、実現するかはまだ微妙
[拡大画像]

[映画.com ニュース] キャストの降板と交代が続く新作スリラー「ザ・ツーリスト(原題)」に、また新たな動きがあったようだ。その結果、ジョニー・デップアンジェリーナ・ジョリーの2大スターが共演する可能性が出てきた。

もともと同作は、トム・クルーズの主演企画として昨年の秋ごろから進められていた。そこにシャーリーズ・セロンが加わったが、今年に入ってクルーズが降板。夏には「ターミネーター4」のサム・ワーシントンがクルーズの代役に抜擢されたものの、最近になって今度はセロンが降板し、代わりにジョリーが主演することになったという経緯がある。

ところが、米ハリウッド・レポーター誌によると、今度はワーシントンが同作を降板し、その代役としてデップの名前が急浮上してきたというのだ。

人選が定まらないのはキャストばかりではない。当初メガホンをとる予定だったバハラット・ナルルーリ監督(「ダウンタイム」)がセロンと同時期に降板。その後一部のメディアが、主演女優となったジョリーが「HACHI」のラッセ・ハルストレム監督ほか数人のヨーロッパ系の名匠たちと面談し、最終的に「善き人のためのソナタ」のフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督に決定したと報じていた。しかし今回の報道によれば、そのフォン・ドナースマルク監督も「クリエイティブ面での相違」を理由に降りたとのことで、代わって新たにメキシコ出身のアルフォンソ・キュアロン監督(「天国の口、終りの楽園。」)の名前が浮上しているという。

05年の仏スパイスリラー「アントニー・ジマー」(ジェローム・サル監督)をリメイクする同作は、国際刑事警察機構インターポールの女性捜査官(ジョリー)がひとりのアメリカ人観光客男性を利用して、彼女の恋人だった犯罪者をおびき出そうとするというストーリー。デップが決定した場合、アメリカ人観光客を演じる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi