リース・ウィザースプーンが新作「Rule #1」の製作・主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年11月4日 > リース・ウィザースプーンが新作「Rule #1」の製作・主演
メニュー

リース・ウィザースプーンが新作「Rule #1」の製作・主演

2009年11月4日 11:30

近年はプロデュースにも積極的「アバウト・ア・ボーイ」

近年はプロデュースにも積極的
Photo:Rex Features/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優リース・ウィザースプーンが、米フォックス・サーチライトの新作映画で製作・主演を務めることが分かった。

米ハリウッド・レポーター誌によると、テレル・セルツァーが執筆したオリジナル脚本「Rule #1」の映画化で、ADD(注意欠陥障害)を抱えるプエルトリコ人の少女を支えるニューヨーク在住の女性を描く物語。「アバウト・ア・ボーイ」のブラッド・エプスタインが、ウィザースプーンとともに製作を手がける。

セルツァーはこれまで、フォックスのコメディ「カレッジ・ウォーズ」の脚本や、ジョージ・クルーニーミシェル・ファイファー主演のロマンチックコメディ「素晴らしき日」の共同脚本を務めている。

ウィザースプーンは、ジャック・ニコルソンポール・ラッドオーウェン・ウィルソンらと共演したタイトル未定の新作コメディが2010年全米公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi