ジェシカ・シンプソンが妹をリストラした米ドラマを「クズ」と中傷 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年11月4日 > ジェシカ・シンプソンが妹をリストラした米ドラマを「クズ」と中傷
メニュー

ジェシカ・シンプソンが妹をリストラした米ドラマを「クズ」と中傷

2009年11月4日 11:30

憤慨しているのは姉ひとり…

憤慨しているのは姉ひとり…
Photo:Rex Features/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米人気歌手で女優のジェシカ・シンプソンが、妹のアシュリー・シンプソン・ウェンツをクビにした米ドラマ「メルローズ・プレイス」を「クズ」呼ばわりし、バッサリと切り捨てた。

米ケーブル局CWで放映中の同作は、90年代に大人気を博した同名ドラマのリメイク版。アシュリーは主要キャストのひとりとして出演していたが、先週、プロデューサー側がアシュリーとの契約を12話までで打ち切ることを発表した。

これを受けて11月1日、ジェシカは自らのツイッターで「誰がこんなクズみたいなストーリーを書いているの? 私もこれまでひどい脚本の仕事をしてきたけれど、これはいったい何? 私の妹は素晴らしくて評判もいいっていうのに」と憤りをあらわにした。

プロデューサー側は、今回の降板劇はストーリーの展開上、初めから決まっていたことだと説明。当のアシュリー本人は、「出演する機会を与えていただいたことに感謝しています」と殊勝なコメントを発表した。

ちなみに、米ピープル誌最新号が行った「『メルローズ・プレイス』はアシュリーをクビにすべきだったか?」というアンケートには、67%の読者が「イエス」と答えている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi