ジェイク・シマブクロが語る、映画音楽における作曲のこだわり : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月29日 > ジェイク・シマブクロが語る、映画音楽における作曲のこだわり
メニュー

ジェイク・シマブクロが語る、映画音楽における作曲のこだわり

2009年10月29日 12:00

カリフォルニアの自然にウクレレの音色が心地よい「サイドウェイズ」

カリフォルニアの自然にウクレレの音色が心地よい
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 04年の米アカデミー賞で脚色賞を受賞した作品を、小日向文世生瀬勝久らの主演で日本映画として生まれ変わらせた「サイドウェイズ」(チェリン・グラック監督)。音楽を担当したのは、ハワイ出身の世界的人気ウクレレプレイヤー、ジェイク・シマブクロで、06年の「フラガール」以来3年ぶり2度目の映画音楽に挑戦した心境を語ってもらった。

ジェイクは、「フラガール」の音楽を手がけたことで「いろいろなことを学べたし、すごく楽しかった」と振り返る。「より多くの人に自分の音楽に触れてもらうこともでき、感謝しています」と言うように、「フラガール」のメインテーマは人気が高く、コンサートでもアンコールのラストで大盛り上がりだ。

映画音楽の制作は、やはり普段の作曲とは「全然違う」そうで、「自分のために音楽を作る時は、自分が何か感じたこと、経験したことなど、個人的なことにのっとって作りますが、映画音楽の場合は、そのシーンの出来事やキャラクターが何を感じているかを理解し、彼らがミュージシャンで音楽を奏でるとしたら、どんな音楽を作るかということを考えています。あと、映画では音楽自体は主役ではなく、背景としてあるべきものということを心がけています」

監督はロサンゼルスに、プロデューサーは日本に、そしてジェイク自身はツアーで世界を転々としていたため、「コミュニケーションをとるのが大変だった」とはいうものの、仕上がりには満足で、今後も映画音楽に挑戦したいというジェイク。映画は「最近だと『ハンサム★スーツ』が面白かった。あとは『Shall we ダンス?』が大好きで、今度はロマンチックコメディの音楽をやってみたい」と意欲的だ。

10代のころから注目され、当代随一のウクレレ奏者として世界を駆け抜けているジェイク。「人生の寄り道」という本作のテーマについては、「20代でも40代でも、人生にはいつでも新しい挑戦があると思います。この映画は、何かを変えるのに遅すぎることはないということを伝えてくれているし、自分の人生を思うように変えることができるというテーマは、誰もが共感できると思います」と語ってくれた。

サイドウェイズ」は10月31日公開。ジェイクが本作のために書き下ろした楽曲を収録したオリジナルアルバム「ザ・ミュージック・オブ・サイドウェイズ」は現在発売中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi