4度目「時をかける少女」主演は再び仲里依紗 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月28日 > 4度目「時をかける少女」主演は再び仲里依紗
メニュー

4度目「時をかける少女」主演は再び仲里依紗

2009年10月28日 11:27

今度は実写で、仲里依紗が時をかける!「時をかける少女」

今度は実写で、仲里依紗が時をかける!
(C)映画「時をかける少女」製作委員会2010
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 筒井康隆の名作ジュブナイル小説を仲里依紗主演で映画化した「時をかける少女」が完成。2010年3月、スタイルジャム配給でヒューマントラストシネマ渋谷、シネカノン有楽町1丁目ほか全国で公開されることが決まった。

筒井が1967年に発表した同名小説の映画化は、これで実に4度目。83年の大林宣彦監督、原田知世主演で一世を風靡した“初代”を皮切りに、97年には角川春樹監督が中本奈奈主演でリメイクした。さらに06年には細田守監督が初のアニメ版を手がけ、原作者の筒井に「本当の意味での2代目」と言わしめた質の高さから、口コミでロングランヒットを記録。国内外の多くの映画賞を受賞したことはまだ記憶に新しい。

そして4度目の映画化となる今回は、細田版「時かけ」で主人公の声優を務めた仲が主演。原作の主人公・芳山和子(安田成美)の1人娘、芳山あかり役を演じる。18歳の女子高生・あかりは、交通事故で昏睡状態に陥った母に頼まれ、深町一夫という母の初恋の人に出会うために2010年から70年代へタイムリープ。過去の世界で出会った大学生・涼太(中尾明慶)に助けられながら、あかりは深町を探すが……。

主演の仲は「今度は声だけでなく、自分自身がスクリーンに映ることができるようになり、『時をかける少女』というブランドを背負うことができるのかすごく不安でしたが、一生懸命に時をかけました。歴代の『時をかける少女』ファンの方もまた新たに楽しめる作品になったと思います」とコメントを寄せた。監督は、これまで滝田洋二郎根岸吉太郎井筒和幸篠原哲雄といった名監督の下で助監督を務めた谷口正晃が長編デビューを飾る。70年代の街並みを緻密に再現しながら、あかりと涼太が過ごすかけがえのない数日間の青春ドラマを、みずみずしく演出している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi