賀来賢人「吐きそうになった」映画初主演オファー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月27日 > 賀来賢人「吐きそうになった」映画初主演オファー
メニュー

賀来賢人「吐きそうになった」映画初主演オファー

2009年10月27日 11:28

お茶漬けのような滋味が魅力「銀色の雨」

お茶漬けのような滋味が魅力
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 北海道発のローカル番組「水曜どうでしょう」でブレイクした鈴井貴之の監督第4作「銀色の雨」の完成披露上映会が10月26日、東京・シネマート新宿で行われ、鈴井監督と主演の賀来賢人、AKB48の大島優子が舞台挨拶に立った。

浅田次郎の短編小説が原作で、これまで北海道を舞台にすることにこだわってきた鈴井監督が初めて道外へ飛び出し、鳥取県米子市で撮影した人間ドラマ。父親を知らない男子高校生と引退を勧告されたプロボクサー、スナックで働く孤独な女性の3人の奇妙な共同生活を通して、それぞれが心の傷を乗り越えていく姿を描く。

映画では雨がカギとなるが、この日も雨模様。鈴井監督は、山陰地方特有の雨の多さに悩まされた撮影時を振り返り「実際の雨は映えないので、撮影では人工的に雨を降らせるのですが、本物の雨よ降るな!と念じていました」と苦労話を披露。一方で、鳥取県民の手厚い協力を得て、温かい雰囲気の中で撮影に臨めたことも明かした。

初主演作となる賀来について、鈴井監督は「主役はイケメンじゃない方がいいと思っていたけれど、賀来君が垣間見させたアンバランスな表情がすごく良かった」と絶賛。賀来は、「お話をいただいたときは吐きそうになった」そうだが、舞台挨拶では鈴井監督にツッコミを入れるなど打ち解けた様子だった。

銀色の雨」は11月28日から公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi