ビル・マーレイ、怒り心頭でマックG監督に「死んでよし」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月23日 > ビル・マーレイ、怒り心頭でマックG監督に「死んでよし」
メニュー

ビル・マーレイ、怒り心頭でマックG監督に「死んでよし」

2009年10月23日 11:33

「デス・ノート」に名前を書いておいたぞ「天才マックスの世界」

「デス・ノート」に名前を書いておいたぞ
Photo:Rex Features/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ビル・マーレイが、声優として出演したウェス・アンダーソン監督の「ファンタスティック・ミスター・フォックス(原題)」(11月25日全米公開)のプロモーションでロンドンを訪れ、英タイムズ紙のロングインタビューに答えた。

ロアルド・ダールの児童文学「すばらしき父さん狐」をストップモーション・アニメで映画化した同作は、ジョージ・クルーニーメリル・ストリープら豪華声優陣でも話題。マーレイとアンダーソン監督にとっては、「天才マックスの世界」(98)、「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」(01)、「ライフ・アクアティック」(04)、「ダージリン急行」(07)に続く5度目のタッグとなる。気難しいことで知られるマーレイだが、アンダーソン監督には全幅の信頼を寄せているようで、「僕たちの間にはとても強い絆がある」と話した。

しかし、過去に一緒に仕事をした監督たち、特に「チャーリーズ・エンジェル」(00)のマックG監督に話が及ぶと表情が一変。マックG監督が最近、同作の撮影中に意見が衝突したマーレイから頭突きをされたとメディアに暴露したことについて、「まったくのデタラメだ!」と怒り心頭。そして、「なぜ彼がそんな話をでっちあげたのか分からないね。ずいぶんと想像力が豊からしいな」とあきれ顔だ。

そこで話がおさまったかと思われたが、マーレイはトレードマークの仏頂面で「あいつは死に値する。頭突きなんかじゃなくて、槍で突き刺さればいい」とクールに言い放ったという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi