アンタッチャブル山崎とおぎやはぎ矢作が、アフレコで足の引っ張り合い! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月21日 > アンタッチャブル山崎とおぎやはぎ矢作が、アフレコで足の引っ張り合い!
メニュー

アンタッチャブル山崎とおぎやはぎ矢作が、アフレコで足の引っ張り合い!

2009年10月21日 11:29

今度はぜひ4人での共演を!「さあ来い!」

今度はぜひ4人での共演を!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アンタッチャブルの山崎弘也、おぎやはぎの矢作兼が10月20日、全米屈指の犯罪都市マイアミを舞台に元スパイの奮闘劇を描くTVシリーズ「バーン・ノーティス/元スパイの逆襲」のアフレコ収録を、東京・六本木のブロードメディアスタジオで行った。

同作は、何者かのワナで解雇通告(バーン・ノーティス)を受けた元スパイ、マイケル(ジェフリー・ドノバン)が探偵業で生計を立てながら、自分をクビにした黒幕とその真相に迫る姿を描く。

矢作と山崎が声を担当したのは、第8話「スパイの掟」に登場する「みかじめ料を要求される店主2」と「マイケルをボコボコにするギャングの手下3」という脇役キャラ。それぞれの相方の小木博明柴田英嗣が応援に駆けつけるなか、収録前には「小木の分まで頑張ります」(矢作)、「自分以外の全部のセリフを覚えてきました!」(山崎)と強気だった2人。しかし、いざアフレコがスタートすると空気は一変し、矢作が「なにすんだ、よせ! それは……」と熱演するが、柴田や小木から「えっ、これだけ?」「だせえ!」と非難続出だ。

一方、「プリズン・ブレイク」などで声優経験のある山崎は「いつもより音きてますね~」と手慣れたふうを装ったものの、セリフは2回噛んだ後に「さあ来い!」の一言のみ。これには矢作も「手下3って、オレの“2”より下じゃん。それにオレの方がセリフ多いし」と得意満面だった。

「バーン・ノーティス/元スパイの逆襲」日本オリジナルカット版は11月13日にリリース。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi