フォ・ジェンチイ監督はキムタク似?「台北に舞う雪」舞台挨拶 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月20日 > フォ・ジェンチイ監督はキムタク似?「台北に舞う雪」舞台挨拶
メニュー

フォ・ジェンチイ監督はキムタク似?「台北に舞う雪」舞台挨拶

2009年10月20日 11:30

アジアの人気若手俳優が勢ぞろい「台北に舞う雪」

アジアの人気若手俳優が勢ぞろい
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第22回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品されている新作「台北に舞う雪」が上映され、主演を務めた台湾の人気俳優チェン・ボーリントン・ヤオトニー・ヤンモー・ズーイーフォ・ジェンチイ監督が10月19日、会場の東京・六本木ヒルズで舞台挨拶を行った。

中国、日本、香港、台湾の4カ国合作で製作された同作は、「山の郵便配達」のジェンチイ監督が、台湾の小さな町を舞台に描くラブストーリー。物語は、心優しき便利屋のモウ(チェン・ボーリン)が、声の出なくなった新人歌手メイ(トン・ヤオ)と出会い、次第に惹かれ合う姿を軸に進んでいく。

暗いところで待ち合わせ」「シュガー&スパイス 風味絶佳」など日本でも活躍するボーリンが、「皆さんこんばんは、チェン・ボーリンです」と流暢な日本語で挨拶。すると、トン・ヤオもたどたどしい日本語で「東京が大好きです!」と負けていない。「リトル・チャン・ツィイー」と称されるその端整な笑顔も相まって、観客を大いに沸かせていた。

審査員として参加した昨年から一転、今年はサクラグランプリを競う立場となったジェンチイ監督は、「4カ国合作で作ったこの作品を東京国際映画祭に持って来られてうれしい」と満足げ。さらに、「こんなに美しい俳優4人を連れて来ることができ、誇らしい気持ちでいっぱい。今気づいたのですが、彼らは江口洋介さん、佐藤浩市さん、木村拓哉さん、チャン・ツィイーさんに似ていると思いませんか(笑)?」と茶目っ気たっぷりに問いかけるひと幕も。するとボーリンも「監督、キムタクに似ているって自分のことを言っているんじゃないでしょうね(笑)」とジョークで切り返していた。

台北に舞う雪」は、ゴー・シネマ配給で2010年正月第2弾映画として公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi