哀川翔の白髪姿に仲里依紗「王子さまみたい…」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月20日 > 哀川翔の白髪姿に仲里依紗「王子さまみたい…」
メニュー

哀川翔の白髪姿に仲里依紗「王子さまみたい…」

2009年10月20日 11:30

ゼブラケーキでクランクイン&仲の バースデーをお祝い「ゼブラーマン」

ゼブラケーキでクランクイン&仲の
バースデーをお祝い
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 哀川翔主演、三池崇史監督、宮藤官九郎脚本の映画「ゼブラーマン2/ゼブラシティの逆襲」の製作会見が10月19日、東京・グランドプリンスホテル赤坂で行われた。宮藤は欠席したが、哀川と三池監督を先頭に共演の仲里依紗阿部力井上正大が登壇した。

哀川の主演100本目を記念し、三池監督、宮藤と3人でタッグを組んだ「ゼブラーマン」(2004年2月公開)の続編。前作は3週間限定公開ながら、興行収入5億円を記録する大ヒットとなった。今回は、前作の15年後の東京(ゼブラシティに改称)を舞台に、記憶喪失になった主人公・市川新市(ゼブラーマン)が、かつての教え子に助けられながら、地球を救った英雄としての姿を取り戻していく様子を描く。

デビュー25周年を迎えた哀川は白髪姿で登場し、「撮影はまだ始まっていないけれど、既にピークを迎えています。この気持ちを(クランクインの)10月24日にぶつけて、死ぬ気でやりたい」と力強く宣言。隣席で見つめる仲は、「王子さまみたい……」と白髪を絶賛し、哀川を喜ばせていた。

三池監督は、前日18日に20歳の誕生日を迎えた仲を引き合いに出し「仲は20歳、オレは来年50歳。そろそろ日本アカデミー賞でももらって、文化人になって楽をしたい。目指せ、崔洋一です」とジョークを披露するなど「舌好調」だ。さらに、劇中でスーパーアイドルのゼブラクイーンに扮する仲の衣装について「理想は何も身につけない姿だけれど、それだと公開できない。じゃあ、これくらい付けておく?くらいのきわどい感じで。いずれにしても、日本映画史上最悪の女になります」と宣言した。仲は、苦笑いを浮かべながら「プレッシャーです。最悪になるために今日から頑張ります」と話すのが精一杯。そんな仲を見かねたのか、「大丈夫だよ、3日もすれば慣れるから」とフォローする哀川の姿に、場内は爆笑の渦だった。

配給の東映によれば10月24日にクランクインし、2010年1月にクランクアップ予定。CG処理を含む編集作業を経て、4月ごろの完成を目指す。

「ゼブラーマン2/ゼブラシティの逆襲」は、10年5月1日に全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi