渡辺謙「沈まぬ太陽」PRで有楽町を“ジャック” : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月18日 > 渡辺謙「沈まぬ太陽」PRで有楽町を“ジャック”
メニュー

渡辺謙「沈まぬ太陽」PRで有楽町を“ジャック”

2009年10月18日 15:18

今年最大の問題作公開まで1週間!「沈まぬ太陽」

今年最大の問題作公開まで1週間!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 山崎豊子の名作を映画化する「沈まぬ太陽」に主演の渡辺謙が10月18日、東京・有楽町界隈を“ジャック”した。三省堂書店有楽町店では、「映画『沈まぬ太陽』ドキュメントブック」の発売を記念して握手会を敢行。渡辺が登場すると店内には拍手が沸き起こり、ファンの熱気に包まれた。

渡辺は16日に帰国し、公開する24日までに約100媒体の取材を受けるといい「この作品で大きな花火を打ち上げようという気はない。染み入るような波及効果がもたらせられるよう、丁寧に宣伝していきたい」と強い意気込みを語った。握手会では、ファン1人1人に視線を合わせて声をかけ、渡辺と同年代の男性ファンや若い女性ファンは大喜びだ。

また、原作の新潮社と角川書店(角川映画が製作)がタッグを組んだ異例のプロジェクトだけに、「業界の垣根を越えて製作が実現した。色々な問題を越えて作品が輩出される先駆けになるのでは」と意欲新た。さらに、全国4000店の書店が“「沈まぬ太陽」大応援団”を結成したことについて「人気小説を映画化するのだから、書店さんが協力してくれるというのは、この作品にとって王道的な宣伝になるのではないか」と笑顔をのぞかせた。

渡辺はその後、東京・丸の内の東京會舘に移動し、映画化に賛同する著名人が結集した「沈まぬ太陽」応援パーティに出席。作家の高杉良なかにし礼、評論家の佐高信らそうそうたる顔ぶれから激励を受けた。

沈まぬ太陽」は東宝配給で、10月24日に全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi