仲村トオル「行きずりの街」で阪本順治と強力タッグ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月16日 > 仲村トオル「行きずりの街」で阪本順治と強力タッグ
メニュー

仲村トオル「行きずりの街」で阪本順治と強力タッグ

2009年10月16日 18:51

仲村トオル、25周年の記念碑的作品に「行きずりの街」

仲村トオル、25周年の記念碑的作品に
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 志水辰夫のベストセラー小説「行きずりの街」が、阪本順治監督、仲村トオル小西真奈美のダブル主演で映画化されることになった。

行きずりの街」は、1991年度の「このミステリーがすごい!」で第1位を獲得し、第9回日本冒険協会大賞を受賞。06年からジワジワと部数を伸ばし、売り上げ累計は66万部に達した。元教え子との結婚をスキャンダル扱いされ、名門女子高での教職を奪われた塾講師の主人公が、別れた妻との運命的な再会を経て、自らを追放した学園がひた隠す黒いナゾに迫る姿を描く。

過去と対峙する男を演じる仲村は、製作を手がけるセントラル・アーツとはデビュー作「ビー・バップ・ハイスクール」でタッグを組んでおり、俳優人生において切っても切れない関係。それだけに、「役者としてド素人だった僕は、許してもらい、誤魔化してもらいながら仕事をし、今まで何とか生き延びてきたんだと実感している」と万感の思いを込める。そして、デビュー25周年という節目の年となる2010年に同作が公開されるとあって、「もうガキじゃないんだぞ、という緊張感がある。とにかく、この作品の日々の現場を、目の前にあることを頑張っていこうと思う」とコメントを寄せた。

そんな仲村に対して、原作のファンだったという阪本監督は「自然体の演技の中に、心のひだをしっかりと端的に表現できる男。大人びた雰囲気と少年の無邪気さが共存している、いろんな風景の似合う俳優」と絶賛している。

また、阪本組に初参加となるヒロインの小西は「以前からお仕事をご一緒したかった監督だったので、真摯な気持ちで臨みたい。監督は役者の感情や温度を大切に撮影してくださいますし、仲村さんはそれを大きく受け止めてくださる」と全幅の信頼を寄せた。

撮影は、9月16日にクランクインし、10月末に撮了見込み。配給の東映によれば、2010年1月中旬に完成を予定している。

行きずりの街」は、10年秋に全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi