松ケン“忍”ダンス披露にファン歓喜 「カムイ外伝」御礼舞台挨拶 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月16日 > 松ケン“忍”ダンス披露にファン歓喜 「カムイ外伝」御礼舞台挨拶
メニュー

松ケン“忍”ダンス披露にファン歓喜 「カムイ外伝」御礼舞台挨拶

2009年10月16日 11:34

ドバイやロッテルダムでも踊る?「カムイ外伝」

ドバイやロッテルダムでも踊る?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 崔洋一監督、松山ケンイチ主演の映画「カムイ外伝」の大ヒット御礼舞台挨拶が10月15日、東京・有楽町の丸の内ピカデリー1で行われた。

9月19日に公開されてから4週目を迎え、この週末には興行収入10億円に到達する見込み。シルバーウィーク(9月19~23日)の5日間には、松山と崔監督が全国27劇場で31回の舞台挨拶を行うなど、大プロモーションを敢行した。

松山と崔監督が、共演の森山開次坂口征夫とともに登場すると、女性ファン中心の客席は大歓声。崔監督は、「ありがとう。今日は、なかなか実現しなかった男祭りだ! 思えば、撮影中は4人とも真っ黒だったんだよなあ」と感無量の面持ちだ。

松山は、撮影中に見せた森山の踊りが即興だったことを知り「すげっ!」と仰天。照れ笑いを浮かべる森山は、「カムイだけに、『忍』という字を体で表現しました」とステージ上で実演してみせた。これに触発されたのか、松山と坂口も見よう見まねで踊りだし、ファンは拍手喝采。崔監督も「“カムイダンサーズ”結成だな! 今夜だけだからラッキーだねえ」と終始ご機嫌だった。

また、配給の松竹は、12月に第6回ドバイ国際映画祭、2010年1月に第39回ロッテルダム国際映画祭での正式上映が決まったことを発表。9月の第34回トロント国際映画祭、10月の第8回バンクーバー国際映画祭、第53回ロンドン映画祭に続く海外上映になる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi