「フェーム」アラン・パーカー監督、ハリウッドのリメイク商法を痛烈批判 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月8日 > 「フェーム」アラン・パーカー監督、ハリウッドのリメイク商法を痛烈批判
メニュー

「フェーム」アラン・パーカー監督、ハリウッドのリメイク商法を痛烈批判

2009年10月8日 11:17

監督に無断でリメイクとはけしからん!「フェーム」

監督に無断でリメイクとはけしからん!
Photo:Album/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 80年代に人気を博したミュージカル映画「フェーム」のアラン・パーカー監督が、同作のリメイク版が9月下旬に欧米で公開されたことを受け、ハリウッドを痛烈に批判した。

フェーム」は、ニューヨークの芸術学校に通うスターの卵たちの成長を描いた青春群像劇で、アイリーン・キャラの主題歌ともども大ヒット。英テレグラフ紙によれば、パーカー監督はリメイク版製作についての打診も連絡も受けなかったそうで、「スタジオにせよ、プロデューサーにせよ、ただの1本の電話もよこさなかった。ありえない話だ」と憤慨している。

さらに、パーカー監督は「『フェーム』は私の映画だと思っている。あの学校(ニューヨーク・ハイスクール・オブ・パフォーミングアーツ)の生徒たちと実際に数カ月をともにして、それから1年かけて映画を撮った。最善を尽くした作品なのだから、それを守りたいと思うのが当然だ」と主張。そして、「ほとんどのハリウッド映画がそうであるように、スタジオが著作権を所有しているばかりに今回のようなリメイクが勝手に作られる。実に腹立たしいよ。そんなことができてしまう芸術分野は映画以外にない」とまくしたてた。

パーカー監督は、配給のMGMが著作権を所有していない「Fame」のロゴを勝手に使用したことに関して、訴訟を起こすことを視野に入れている。そして、ハリウッドの手法を、強盗の被害に遭った経験にたとえ「強盗は現金と財布と時計をよこせと言った。現金やクレジットカードのことはどうでもよかったが、長年愛用してきた財布や時計を手放したくはなかった。今の気分はまさにそんな感じだ」と吐露した。

一方、リメイク版のケビン・タンチャローエン監督は、プロデューサーがパーカー監督に事前に連絡を入れ、了解を得たと主張。ちなみに、リメイク版「フェーム」は評価・興行ともに冴えない結果に終わっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi