結婚詐欺師の堺雅人「僕はだまされやすい」。「クヒオ大佐」特別試写 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月5日 > 結婚詐欺師の堺雅人「僕はだまされやすい」。「クヒオ大佐」特別試写
メニュー

結婚詐欺師の堺雅人「僕はだまされやすい」。「クヒオ大佐」特別試写

2009年10月5日 11:58

クヒオ大佐ならだまされても良いかも!?「クヒオ大佐」

クヒオ大佐ならだまされても良いかも!?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 堺雅人の主演最新作「クヒオ大佐」の特別試写会が10月4日、東京・麹町のTOKYO FMホールで行われ、堺と共演の松雪泰子が舞台挨拶に立った。

堺が演じたのは、実在した結婚詐欺師のジョナサン・エリザベス・クヒオ大佐。正真正銘の日本人だが、1984年に逮捕されるまで20年間にわたって経歴詐称で多くの女性をだまし続けた人物だ。「片言の日本語を駆使するという、俳優としては『自分を試したい』と思わせる役でしたが、結局、腕立て伏せくらいしか役作りはできなかった」と笑った。

堺に献身的に尽くす、弁当屋を経営する女性社長に扮した松雪は「シュールな笑いが好きな方にはピッタリな作品。クヒオみたいな男が目の前にいたら、だまされているフリをして少し乗ってみたい」と意味深な表情。一方の堺は、「僕はとてもだまされやすい。共演者が『演技が苦手』と謙そんされていても、『そうか、苦手なんだ』と信じてしまうくらいですから」と話した。

銀座のナンバーワンホステスやエリート学芸員など、クヒオにだまされた女性は数え切れない。それでも堺は、「だますとかだまされないとかではなく、恋って自分の意思に関係なく落ちるものであって、するものではない」と持論を展開し、場内に詰め掛けた約200人の女性ファンのため息を誘った。

クヒオ大佐」は10月10日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi