井上陽水、映画「今度は愛妻家」に主題歌「赤い目のクラウン」を書き下ろし : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月3日 > 井上陽水、映画「今度は愛妻家」に主題歌「赤い目のクラウン」を書き下ろし
メニュー

井上陽水、映画「今度は愛妻家」に主題歌「赤い目のクラウン」を書き下ろし

2009年10月3日 15:31

デビュー40周年に記念すべき名曲の予感「今度は愛妻家」

デビュー40周年に記念すべき名曲の予感
(C)2010 映画「今度は愛妻家」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] シンガーソングライターの井上陽水が、豊川悦司薬師丸ひろ子が主演の映画「今度は愛妻家」の主題歌に、新曲「赤い目のクラウン」を書き下ろした。

鴻上尚史率いる劇団サードステージ(第三舞台)が、中谷まゆみ原作の「ビューティフル・サンデー」「ペーパー・マリッジ」に続く第3弾として02年に上演した同名舞台を、行定勲監督が映画化。プータロー同然の生活をおくる元売れっ子カメラマンと、大の健康マニアで献身的に夫を支える妻の日常を描く。

井上の映画主題歌は、「少年時代」(90)の「少年時代」、「たそがれ清兵衛」(02)の「決められたリズム」、「ゼラチンシルバーLOVE」(09)の「LOVE LILA」などに続き6作目。行定監督は、デビュー40周年を迎えた井上が書き下ろした楽曲について、「僕はこの映画をだれもが共感し、楽しめる大人の映画にしたいと思っていた。その最後を締めくくるのは陽水さんの声以外は思いつかず、切望して書いていただけることになった。できあがってきた曲は、僕の想像をはるかに超えてせつなく、心に刺さる歌だった」とコメントを寄せた。

主演の豊川は、「ずっと大ファンだった陽水さんに、主題歌をプレゼントしていただいて大変光栄です。バースデイケーキに立てるロウソクのように、この映画を深く豊かに彩ってくれた」と感激した様子。薬師丸も、「井上陽水さんの声、詩の奥深さで、映画の余韻をいつまでも感じていられる素晴らしい主題歌」と絶賛した。

今度は愛妻家」は東映配給で、2010年1月16日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi