亀山千広プロデューサーが外国特派員に「サイドウェイズ」製作経緯明かす : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月2日 > 亀山千広プロデューサーが外国特派員に「サイドウェイズ」製作経緯明かす
メニュー

亀山千広プロデューサーが外国特派員に「サイドウェイズ」製作経緯明かす

2009年10月2日 17:01

次は何を撮ろうかな…「サイドウェイ」

次は何を撮ろうかな…
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米映画を日本人キャストでリメイクした「サイドウェイズ」の外国特派員向けの試写会が10月1日、東京・有楽町の外国特派員記者クラブで行われ、プロデューサーを務めた亀山千広チェリン・グラック監督が会見した。

第77回アカデミー賞で主要5部門にノミネートされ、最優秀脚色賞を受賞した「サイドウェイ」を日本映画として生まれ変わらせた話題作とあって、場内は約200人の特派員が結集する盛況ぶり。亀山プロデューサーは、「アメリカには大人のための青春映画がたくさんあるが、日本にはあまりない。そういう作品がつくれたらいいな、と思ったのがきっかけ」と製作に至る経緯を説明した。

また、キャスティングについても「小日向文世さんと生瀬勝久さんは、情けない男に見えるから。鈴木京香さんはワインバーで口説き落としました。(米での知名度のある)菊地凛子さんは、出演が決まったら20世紀フォックスから了承をもらえると思った」と語り、場内は爆笑の渦。それでも、「まじめな話ですが、菊地さん以外の3人は舞台経験が豊富なので、コメディをしっかりと演じてくれると思ったから」と話した。

チェリン監督は、日本人と臨んだ撮影現場について「すごくプロフェッショナルだったが、もっとはっきりと意見を言ってほしかった。リドリー・スコットが『ブラック・レイン』を撮影したときに『日本人のイエスはノーで、ノーは多分ってことだ』と言っていたが、その通りだ」と振り返った。すると亀山プロデューサーが「日本人はどうしても遠慮しますから。ただ、チェリンは気がつかなさすぎ」と横やりを入れていた。

サイドウェイズ」は、10月31日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi