角川映画が角川エンタテインメントを吸収合併 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月1日 > 角川映画が角川エンタテインメントを吸収合併
メニュー

角川映画が角川エンタテインメントを吸収合併

2009年10月1日 11:20

間もなく公開の「ATOM」「トワイライト 初恋」

間もなく公開の「ATOM」
(C)2009 Imagi Crystal Limited
Original Manga (C)Tezuka Productions Co., Ltd.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 角川映画(東京都千代田区・井上泰一社長)が、11月1日付けで角川エンタテインメント(東京都港区・椎名保社長)を吸収合併することが分かった。

角川エンタテインメントは、角川グループホールディングス傘下にあり、DVDを中心とした映像ソフトの販売が業務の主軸。同系列の角川書店やアスミック・エースエンタテインメント(住友商事との合弁)から、同事業を継承する形で2004年1月に設立された。

同社は合併によって消滅するが、ビデオパッケージビジネスの厳しい将来性がその最大の要因。角川映画の井上社長は、文化通信ジャーナル(文化通信社)のインタビューで「グループの映像事業をもう1回見直ししようという時期に来ているのは事実です。海外は角川映画と角川エンタで重複してもしょうがないですからね」と言及していた。

今年は「トワイライト/初恋」、10年も続編の「ニュームーン/トワイライト・サーガ」をアスミック・エースと共同配給するほか、10月10日に公開を控える「ATOM」も角川映画との共同配給作品だ。合併後の事業展開にどのような変動が生じるのか、注目が集まる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi