スタジオジブリの次回作は、高畑勲監督の「竹取物語」的映画 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月1日 > スタジオジブリの次回作は、高畑勲監督の「竹取物語」的映画
メニュー

スタジオジブリの次回作は、高畑勲監督の「竹取物語」的映画

2009年10月1日 11:20

[映画.com ニュース] スタジオジブリの次回作として、「火垂るの墓」「平成狸合戦ぽんぽこ」の高畑勲監督が「竹取物語」を題材とした鳥獣戯画タッチの長編アニメを現在製作中であることが分かった。アジア映画専門ニュースサイトAsian Movie Pulseなどが報じたもので、2010年公開の見込み。

「竹取物語」といえば、かぐや姫を主人公とした日本人なら誰もが知っている名作童話。かつて、市川崑監督による三船敏郎&沢口靖子主演の実写版「竹取物語」(87)も製作されている。

「アルプスの少女ハイジ」「フランダースの犬」「母をたずねて三千里」といった海外児童文学のアニメ作品を手がけてきた高畑監督が、99年の「ホーホケキョ となりの山田くん」以来11年ぶりに手がける新作で、ディズニーが「白雪姫」や「シンデレラ」を映画化したように、日本の古来の童話にジブリ風アニメではなく鳥獣戯画の画風で挑む。

このニュースについては、TOKYO FMのラジオ番組「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」で、鈴木プロデューサーが『竹取物語』を製作中だと発言したことがあり、熱狂的なジブリファンには周知の事実。しかし、スタジオジブリからの公式発表はまだ行われていない。

高畑監督は、今年8月のスイス・ロカルノ国際映画祭で名誉豹賞を受賞している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ハドソン川の奇跡の評論 ハドソン川の奇跡 機長は英雄か、犯罪者か? 老成してなお鋭さを増すイーストウッドの演出力
  • 高慢と偏見とゾンビの評論 高慢と偏見とゾンビ J・オースティン×ゾンビの最新マッシュアップに、フェミニズム活劇の新フレイバー
  • ある天文学者の恋文の評論 ある天文学者の恋文 名匠トルナトーレが描く、宇宙の深淵にてミステリアスに輝き続ける愛の物語
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

映画会社ムヴィオラ

映画宣伝は大変な仕事ですが、素晴らしい映画を届ける仕事はとても楽しいです。

職種宣伝スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi