鬼才クローネンバーグ監督が3D版「ザ・フライ」をセルフリメイク! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年9月25日 > 鬼才クローネンバーグ監督が3D版「ザ・フライ」をセルフリメイク!
メニュー

鬼才クローネンバーグ監督が3D版「ザ・フライ」をセルフリメイク!

2009年9月25日 12:00

[映画.com ニュース] カナダ人映画作家デビッド・クローネンバーグ(「ヒストリー・オブ・バイオレンス」「イースタン・プロミス」)が、自ら監督した86年のSF映画の名作「ザ・フライ」のリメイクに向けて動き出したようだ。

米ハリウッド・レポーター誌のRisky Biz Blogが伝えたもので、同監督は20世紀フォックス映画のもと、新バージョンの監督および脚本を務め、3D化も視野に入れているという。

86年の「ザ・フライ」は、58年のカート・ニューマン監督、ビンセント・プライス(「シザーハンズ」)主演の20世紀フォックス映画「蝿男の恐怖」をリメイクしたクローネンバーグ監督の代表作。

物質転送ポッドの研究をしているジェフ・ゴールドブラム演じる科学者セス・ブランドルは、自らの肉体を実験台にして有機物の転送を成功させるが、誤ってハエの遺伝子を自身の身体に融合させてしまい、肉体や行動に異変が生じるというホラー映画。

08年には同監督によりオペラ化され、ロサンゼルス・オペラ座で上演されて成功を収めている。音楽は86年版のハワード・ショアが担当。三大テノールのプラシド・ドミンゴがオーケストラを指揮した。

クローネンバーグ監督が自らの作品をリメイク、または続編を製作するのは初めてのこと(「ザ・フライ」の89年の続編「ザ・フライ2 二世誕生」はクリス・ウェイラス監督作品)。セルフリメイク作品としては、アルフレッド・ヒッチコック監督が33年の「暗殺者の家」を55年に「知りすぎていた男」として、ミヒャエル・ハネケ監督が97年の「ファニーゲーム」を08年に英語版「ファニーゲームU.S.A.」としてリメイクした例が有名だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi