「バベル」「21グラム」の脚本家が、待望の初監督「あの日、欲望の大地で」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年9月25日 > 「バベル」「21グラム」の脚本家が、待望の初監督「あの日、欲望の大地で」
メニュー

「バベル」「21グラム」の脚本家が、待望の初監督「あの日、欲望の大地で」

2009年9月25日 12:00

現在は一人称の物語を準備中「バベル」

現在は一人称の物語を準備中
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「アモーレス・ペレス」「21グラム」「バベル」で知られるメキシコの脚本家ギジェルモ・アリアガの長編監督デビュー作「あの日、欲望の大地で」が、今週末日本公開を迎える。主演に2人のオスカー女優、シャーリーズ・セロンキム・ベイシンガーを迎え、3世代にわたる壮大な愛憎ドラマを紡ぎ上げたアリアガ監督に話を聞いた。

小説家として数作を書き上げた後に、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督とコンビを組んだ「アモーレス・ペレス」「21グラム」「バベル」の脚本で名を上げたアリアガ。本作でようやく長編監督デビューとなったが、10代の頃から映画監督になることを夢見てきたという。

「ずっとチャンスを待っていたが、私にはビデオクリップなどを含め映像を撮った経験が一切なかった。だが、技術的なものを補って余りあるものが見つかれば、自分にも出来ると思っていた。実際に撮ってみて思ったのは、技術的な問題は障害にはならないということ。ロバート・エルスウィット(撮影)やハンス・ジマー(音楽)ら、一流のスタッフがいれば、自分の思ったとおりのものが出来上がるんだよ。撮影前、友だちのプロデューサーには『自分の映画を作る時は脚本と俳優に専念しろ』と言われたが、本当にその通りだと思ったね。多くの監督は映像や技術のことに気をとられすぎていてカメラの目に立っているのが人間だということを忘れがちだけど、僕にとって、映画で一番重要なのは俳優の存在。だから彼らの演技に情熱を傾けたいんだ」

監督デビュー作とはいえ、これまで同様に脚本も手がけているアリアガ。本作でも、ポートランドの高級レストランのマネージャー・シルビア(セロン)と、その母親ジーナ(ベイシンガー)、そしてシルビアを訪ねる少女マリアという3世代にわたる3人の主人公を中心に、それぞれの時間・場所を交錯させながらストーリーを展開している。

「場所と時間をバラバラにさせて語るスタイルについては、意図的にそうしている。なぜかというと日常生活でもみんながそうしているから。普段、私たちは気づかないだけで、誰もが時系列とは関係なく、思いつくままに話しているんだ。だから私も考えるままに書いているだけのこと。『3』という数字については、意識してこだわっているわけではない。『バベル』では4つの舞台が登場するし、今回も4人の女性が登場する(笑)。ただ、私はマルクス主義の弁証法、つまりは正・反・合、または定立・反定立・総合という3段階の考え方をずっと学んできたので、もしかしたら『3』という数字に知らず知らずのうちにとらわれているのかもしれないね(笑)」

あの日、欲望の大地で」は、9月26日ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi