工藤夕貴、20年振りのジャームッシュ作品は「英語の芝居が恥ずかしかった!」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年9月18日 > 工藤夕貴、20年振りのジャームッシュ作品は「英語の芝居が恥ずかしかった!」
メニュー

工藤夕貴、20年振りのジャームッシュ作品は「英語の芝居が恥ずかしかった!」

2009年9月18日 12:00

アクション女優としても準備万端?「リミッツ・オブ・コントロール」

アクション女優としても準備万端?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「デッドマン」「ブロークン・フラワーズ」などで知られる鬼才ジム・ジャームッシュが、孤独な殺し屋(イザック・ド・バンコレ)の風変わりな旅路をスタイリッシュに描いた最新作「リミッツ・オブ・コントロール」。「ミステリー・トレイン」(89)以来、20年ぶりにジャームッシュ作品に参加した工藤夕貴に話を聞いた。

工藤は、「ジムとは20年ずっと会っていなかったわけじゃなくて、節目では会っていたんです。ただ、『ミステリー・トレイン』のときは私の母国語の日本語だったけど、今回は彼の母国語の英語での仕事だったので、なんだか不思議な感じがしましたね。プレッシャーもあったし、ジムの前で英語の芝居をするのがとにかく恥ずかしかったです! 自分のスキルを全部見抜かれてしまう感じがして。ただ彼に任せておけば、自分の一番いいところを出してくれるような安心感はありますね」と話す。

本作は、ティルダ・スウィントンガエル・ガルシア・ベルナルビル・マーレイなど、多国籍な豪華キャストが集結していることでも話題だが、工藤は他キャストに引けを取らない存在感で難役を演じきった。「私の役って『分子』なんです(笑)。感情をこめられない題材について、淡々と楽しそうに話すのって面白いけれどすごく難しかったです。今回の作品は、ジムが映画、音楽、芸術などに対して自分が思っていることをキャラクターに託すという新しい試みで、純粋に物語という形にこだわらない、ジムの自由な表現者としての裁量が散らばっていると思います」

プライベートでは空手にはまっているそうで、「痛い思いもするけれどスパーリングも大好き(笑)。若いときより今の方が全然パワーあるし、自分を追い込まずに純粋に人生を楽しんでいます」と話し、「表現者としては、役や作品の大きさじゃなくて、その役が面白いかどうかが重要になってきました。悔し涙も飲んだけれど、悪役をやった『SAYURI』が大きくて、今は脇役ってすごく面白いなって思います。これからも型にはまらないで、水のようにサラサラと流れていろいろな役に染まってみたいです」と笑顔で語った。

リミッツ・オブ・コントロール」は9月19日より全国順次公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi