マット・デイモンとマイケル・ダグラスがゲイカップルに!映画「リベラーチェ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年9月18日 > マット・デイモンとマイケル・ダグラスがゲイカップルに!映画「リベラーチェ」
メニュー

マット・デイモンとマイケル・ダグラスがゲイカップルに!映画「リベラーチェ」

2009年9月18日 12:00

ゲイであることを否定し続けたリベラーチェ「インフォーマント!」

ゲイであることを否定し続けたリベラーチェ
Photo:Hulton/Getty Images/AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スティーブン・ソダーバーグ監督が進めている、ド派手な衣装とパフォーマンスで一世を風靡したゲイのピアニスト、リベラーチェの伝記映画に、マット・デイモンの出演が決まった。

デイモンの出演はかねてから噂になっていたが、仏ドービル・アメリカ映画祭に出席したソダーバーグ監督が、仏紙のインタビューに明言。デイモンは、マイケル・ダグラス扮するリベラーチェの年下の恋人スコット・ソーソンを演じる。ダグラスの衣装合わせはすでに終えたそうで、「最高だったよ。マイケルにはまったく驚かされた」と、日頃ダンディなダグラスの変貌ぶりを褒め称えた。

リベラーチェは、50年代のアメリカのTVが生み出したスーパースター。87年にエイズによる合併症で死去したが、生前、自身がゲイであることを認めようとはしなかった。だが、助手兼恋人だったソーソンが、82年に1億1000万ドルの手切れ金を求めて訴訟を起こし、一大スキャンダルを巻き起こす。その後もリベラーチェは一貫して同性愛者であることを否定したが、ソーソンは裁判が和解してからも暴露本を出版するなどしてリベラーチェを苦しめたという。

ダグラス同様、デイモンにとっても同性愛者役のオファーは意外なものだったと思われるが、最新作「インフォーマント!」でもデイモンと組んだソダーバーグ監督は、「マットは挑戦を受けて立った」と語った。

同作は、「マディソン郡の橋」のリチャード・ラグラベニーズの脚本をもとに、2010年春以降のクランクインを予定している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi