ヘミングウェイの名作「移動祝祭日」を孫娘マリエルが映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年9月18日 > ヘミングウェイの名作「移動祝祭日」を孫娘マリエルが映画化
メニュー

ヘミングウェイの名作「移動祝祭日」を孫娘マリエルが映画化

2009年9月18日 12:00

祖父の遺作を映画化「リップスティック」

祖父の遺作を映画化
Photo:Everett Collection/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 文豪アーネスト・ヘミングウェイがパリで過ごした青春の日々を綴ったエッセイ「移動祝祭日」の映画化権を、ヘミングウェイの孫娘で女優のマリエル・ヘミングウェイが取得したことが分かった。米バラエティ誌が報じた。

「移動祝祭日」は、文化の花開く20年代のパリを舞台に、当時まだ20代の青年だったヘミングウェイの小説家修行の日々と、スコット・フィッツジェラルドやガートルード・スタイン、エズラ・パウンド、ジュール・パスキンら友人たちとの交流が生き生きと綴られた回想録。ヘミングウェイは、50年代後半から書き始めた本書を60年に完成させてまもなく死去したため、事実上の遺作となった。

マリエルは、姉のマーゴと共演した76年の映画「リップスティック」で女優デビュー。代表作に、ウッディ・アレン監督の「マンハッタン」「地球は女で回ってる」などがある。最近は、プロデュース業や文筆業にも進出しており、かねてから祖父の物語の映像化を熱望していたようだ。

今回、マリエルは、ジョン・ゴールドストーンジョシュ・ブローリン主演「ジョナ・ヘックス」プロデューサー)と組んでプロデュースにあたる。合わせてTV化権も取得しているが、まずは映画化を目指すとのこと。現時点ではスタッフ、キャストなどの詳細は未定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi