世界配給決定に柳楽優弥「すげぇな」。「戦慄迷宮3D」清水監督が凱旋会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年9月17日 > 世界配給決定に柳楽優弥「すげぇな」。「戦慄迷宮3D」清水監督が凱旋会見
メニュー

世界配給決定に柳楽優弥「すげぇな」。「戦慄迷宮3D」清水監督が凱旋会見

2009年9月17日 12:00

ベネチアのフッテージ効果で世界公開に!「戦慄迷宮3D」

ベネチアのフッテージ効果で世界公開に!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 先日、ベネチア国際映画祭で約5分間の特別フッテージが上映された映画「戦慄迷宮3D」(10月17日公開)の清水崇監督が9月16日、東京・新宿のバルト9で凱旋会見を開き、本作の全世界配給が決定したと発表した。配給権を獲得したのは、ウォン・カーウァイ監督作品の海外配給を手がけるオランダのフォルテシモ・フィルムで、現在、世界50カ国での公開を目指している。

本作は富士急ハイランドにある人気アトラクション「戦慄迷宮」をテーマにした、日本映画史上初となる3D実写長編作品。ごく平凡な青年(柳楽優弥)ら幼なじみ4人の前に、10年前に行方不明になった少女(蓮佛美沙子)が突如姿を現し、彼らは恐怖の世界に迷い込むというスリラーだ。

ベネチアで行ったフッテージ上映について、「お客さんがとてもいい反応を見せてくれた」と振り返る清水監督は、現地の巨大スクリーンで映写した感想を「こんなに奥行きあったの?こんなに飛び出して見えるの?って正直作った僕らが驚いたくらい」と興奮気味にコメント。現地では今年新設された「ペルソール3Dアワード」のプレゼンターも務め、同賞を受賞した「ザ・ホール(原題)」のジョー・ダンテ監督(「グレムリン」)にトロフィーを手渡した。以前からダンテ監督のファンだったそうで、「素直にうれしかった」と笑顔をのぞかせた。

この日は、主演の柳楽優弥がサプライズゲストとして登壇し、本作の全世界配給決定について「すげぇな」と喜びの表情。昨年8月の薬物騒動後、久しぶりの現場復帰となった今回の主演を振り返り、「参加できて良かった」とそっけなく一言だけ語ると、清水監督から「高倉健さんか!」とつっこまれる一幕もあった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi