ポール・オースターの犬小説「ティンブクトゥ」が映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年9月15日 > ポール・オースターの犬小説「ティンブクトゥ」が映画化
メニュー

ポール・オースターの犬小説「ティンブクトゥ」が映画化

2009年9月15日 12:00

[映画.com ニュース] 現代アメリカ文学を代表する作家、ポール・オースターが99年に発表した長編小説「ティンブクトゥ」が映画化されることになったと、英エンパイア誌が報じた。

レイクショア・エンターテインメントが同作の映画化権を取得したもので、TVシリーズ「TVキャスター/マーフィ・ブラウン」のクリエイターで、メグ・ライアン主演のアンサンブル・コメディ「The Women」(08)を手がけたダイアン・イングリッシュが監督と脚色にあたる。

「ティンブクトゥ」の主人公は、犬のミスター・ボーンズ。ホームレス詩人のウィリーに飼われ、彼に先立たれたボーンズの視点から描かれた犬目線小説だ。

オースターの長編小説はほかに、「偶然の音楽」がフィリップ・ハース監督によって93年に映画化されている。また、ニューヨーク・タイムズ紙に掲載された短編「オーギー・レンのクリスマス・ストーリー」をモチーフにしたウェイン・ワン監督の「スモーク」(95)や、そこから派生した「ブルー・イン・ザ・フェイス」(95)ではオースター自身も脚本や共同演出を手がけ、98年にはハーベイ・カイテルミラ・ソルビノ主演の「ルル・オン・ザ・ブリッジ」で映画監督業にも進出した。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi