予測不能の上野樹里に岸谷五朗もタジタジ「キラー・ヴァージンロード」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年9月14日 > 予測不能の上野樹里に岸谷五朗もタジタジ「キラー・ヴァージンロード」初日
メニュー

予測不能の上野樹里に岸谷五朗もタジタジ「キラー・ヴァージンロード」初日

2009年9月14日 12:00

上野樹里はリアクション女王を襲名?「キラー・ヴァージンロード」

上野樹里はリアクション女王を襲名?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優、岸谷五朗の初監督作「キラー・ヴァージンロード」が9月12日に初日を迎え、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて、岸谷監督以下、上野樹里木村佳乃寺脇康文小出恵介らによる舞台挨拶が行われた。

「やっと(映画の)産声が聞けた。長く育ててきただけに、映画が幸せな思いをしています」と感無量の面持ちで挨拶した岸谷監督は、本作では監督業に専念。「改めて、役作りした俳優のすごさを感じた」と撮影を振り返った。同作は、上野演じる“結婚したい女”と木村演じる“死にたい女”が、死体を隠して逃避行を繰り広げるハイテンション・コメディ。岸谷監督をして「振り切りすぎ」と言わしめた女優2人だったが、「振り切ったつもりはないんですけど」(木村)、「フツーだよね」(上野)とあっけらかん。上野は天然ぶりを現場で発揮していたようで「私を見て(木村さんが)ニヤニヤしてるんです。徐々に自分がおかしいのかなあって思ってきて(笑)。みんなに(役を)作ってもらった感じです」とマイペースに語った。寺脇、小出は出演シーンは少ないながらも劇中では強烈なキャラクターを披露。岸谷と役にちなんだ掛け合いを見せるなど、チームワークの良さをうかがわせた。

最後に上野と木村から岸谷監督にバラの花束が送られると、上野は岸谷監督の手を取って踊るように1回転。「そういうのはやる前に言ってくれる?」のひと言に会場は笑いに包まれた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi