小林聡美&もたいまさこ、新進女優・伽奈の言動に興味津々。「プール」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年9月14日 > 小林聡美&もたいまさこ、新進女優・伽奈の言動に興味津々。「プール」初日
メニュー

小林聡美&もたいまさこ、新進女優・伽奈の言動に興味津々。「プール」初日

2009年9月14日 12:00

映画同様に舞台挨拶もゆったりとした時間が流れ…「プール」

映画同様に舞台挨拶もゆったりとした時間が流れ…
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気漫画家・桜沢エリカが映画化を前提に原作を書き下ろした「プール」(大森美香監督)が9月12日に初日を迎え、主演の小林聡美、共演の加瀬亮伽奈、もたいまさこが、東京・銀座のシネスイッチ銀座で舞台挨拶を行った。

本作はタイのチェンマイ郊外にあるゲストハウスを舞台に、そこで働く母・京子(小林)と卒業旅行を兼ねて久々に母を訪ねる娘・さよ(伽奈)を中心に、集まった5人の6日間を描く。

小林は京子という役について「表面的には好き勝手に生きている母親のように見えますが、彼女は他の人のためになるからと思い、チェンマイに行った。優しい人なんだと思う」とコメント。ゲストハウスのオーナー・菊子を演じたもたいが「菊子の生き方がどこにけつじゅつ……けちゅじつ?」とモタモタ言い間違えていると、小林が「結実(けつじつ)!」とフォローを入れるなど2人の息はピッタリ。さらに小林が「そういえば、ヤフーのニュースにも『もたいと小林はなぜ共演が多いのか?』って書かれてたよね(笑)」と明かすと、会場は笑いで包まれた。

一方、加瀬は他の映画の現場との違いについて聞かれると「出演者がいい加減なところと(笑)、撮影がゆっくり進むので、1つ1つのシーンをスタッフやキャストがひとり残らず見ているというのが印象的でした」と振り返った。また、映画初出演の伽奈は「初めまして。緊張していますが、どうか長い目で見てやってください」と挨拶。撮影中は、彼女の独特のたたずまいや行動に共演者の興味が集中していたようで「小学生の男の子みたい。一家に一台欲しいなぁ」(もたい)、「こんなにランニングシャツが似合う女の子も珍しい。若いけど精神的に自立してる。我々が構う方がわずらわしいんじゃないかと思うぐらい(笑)」(小林)と個性派女優2人からお墨付きをもらい、伽奈は恐縮しきりだった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi