映画版「特攻野郎Aチーム」、4人目の主要キャストが決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年9月11日 > 映画版「特攻野郎Aチーム」、4人目の主要キャストが決定
メニュー

映画版「特攻野郎Aチーム」、4人目の主要キャストが決定

2009年9月11日 12:00

「ディストリクト9」で注目度アップ「シンドラーのリスト」

「ディストリクト9」で注目度アップ
Photo:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジョー・カーナハン監督がメガホンを執る、80年代の人気TVシリーズ「特攻野郎Aチーム」の映画版の4人目の主要キャストが決まった。

イカレたパイロットのH・M・マードック大尉にキャスティングされたのは、シャールト・コプリーという35歳の無名俳優。この8月に全米公開されて興業収入1億ドルを突破した、ピーター・ジャクソン製作、ニール・ブロムキャンプ監督(南ア出身の新人)のSF映画「ディストリクト9」に主演した、ジャクソンいち押しの俳優だ。同作は宇宙難民となったエイリアンたちが、南アフリカの「第9区域」難民キャンプに隔離される。コプリーはエイリアンたちを管理する民間企業の社員で、彼らのウィルスに感染して体のDNAが変形するという物語のキーパーソンを演じている。

新たに映画化される「特攻野郎Aチーム」では、すでに3人の特攻野郎が決定。ジョン・スミス大佐がリーアム・ニーソン(「シンドラーのリスト」「96時間」)、テンプルトン・アーサー・ペック中尉がブラッドリー・クーパー(「エイリアス」「そんな彼なら捨てちゃえば?」)、ボスコ・アルバート・バラカス軍曹が総合格闘家で元UFC世界ライトヘビー級王者のクイントン・ジャクソンに決まっている。

監督のカーナハンと、プロデューサーのリドリー&トニー・スコットは、オリジナル版の設定をいじらないと公言している。前作ではベトナム戦争経験者だったが、時代性を考慮し、その設定のみイラク戦争経験者へと変更する模様だ。同作は、20世紀フォックス製作・配給で、2010年6月11日全米公開予定。カナダ・バンクーバーで間もなく撮影が開始される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi