小林政広監督、2作品が釜山に特別招待!「白夜」完成披露試写会 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年9月8日 > 小林政広監督、2作品が釜山に特別招待!「白夜」完成披露試写会
メニュー

小林政広監督、2作品が釜山に特別招待!「白夜」完成披露試写会

2009年9月8日 12:00

釜山映画祭での反応も楽しみ「白夜」

釜山映画祭での反応も楽しみ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画「愛の予感」で第60回ロカルノ国際映画祭のグランプリに輝いた小林政広監督の新作「白夜」(9月19日公開)の完成披露試写会が9月7日、東京・九段下の九段会館で開催され、本作が第14回釜山国際映画祭に特別招待されることが明らかになった。すでに小林監督の最新作「ワカラナイ」も同映画祭の特別招待作品に選ばれており、監督作2本が現地で公式上映される。

現在、期間中に2日間連続で作品が上映される予定となっており、国際舞台には慣れているはずの小林監督も「意気込みは特にないんですけど……」と照れながらも、「正直、びっくりしています」と驚きを隠せない様子。小林監督とともに舞台挨拶に登壇した主演の眞木大輔(EXILE)も「言葉の壁を越えて、日本の映画が海外の人たちに見てもらえるのは単純にうれしいですね」と喜びのコメントだった。

一方、眞木とダブル主演を果たした吉瀬美智子は、ロケ地となったフランス・リヨンで体調を崩してしまったと告白。「でも私が演じたのは心に病を抱えた女性だったので、うまく活かせた部分もありました」と異国でのピンチを役作りのチャンスに変えたと語ったほか、「(眞木との)キスシーンもあって、緊張しました」と熱狂的な眞木ファンで埋め尽くされた客席に恐縮した表情だった。

本作はリヨンの橋の上で偶然出会った日本人、立夫(眞木)と朋子(吉瀬)がそれぞれに抱える事情と向き合いながら、わずか1日の間で互いに惹かれあう姿を描いたラブストーリー。この日の舞台挨拶では、映画の舞台となったフランスにちなんでシャンパンタワーにシャンパンを注ぎ、ヒット祈願が行われた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi