ボンドガールのジェマ・アータートンがフリアーズ監督の新作に主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年9月7日 > ボンドガールのジェマ・アータートンがフリアーズ監督の新作に主演
メニュー

ボンドガールのジェマ・アータートンがフリアーズ監督の新作に主演

2009年9月7日 12:00

ボンドガールから主演作が早くも3本!「グリフターズ 詐欺師たち」

ボンドガールから主演作が早くも3本!
Photo:Rex Features/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「グリフターズ/詐欺師たち」(90)と「クィーン」(06)で2度のアカデミー監督賞候補になっているイギリスの大ベテラン監督スティーブン・フリアーズが、ポージー・シモンズによるグラフィックノベル「タマラ・ドリュー(Tamara Drewe)」を実写映画化することになった。

米バラエティ誌が報じたもので、原作者シモンズは英ガーディアン紙の風刺漫画家としてキャリアをスタートさせたコミックライターで、「タマラ・ドリュー」は05年9月~07年10月までガーディアン紙土曜日版に毎週連載されていた、文豪トマス・ハーディ(「テス」「日陰者ジュード」)の古典的小説「狂乱の群れを離れて」を19世紀から現代へとアレンジしたコミックだ。ちなみにその原作小説は、ジュリー・クリスティ主演、ジョン・シュレシンジャー監督の「遥か群衆を離れて」をはじめ、サイレント映画(15)、TV映画(98)と3度映画化されている。

今回の主役タマラ役には、「007/慰めの報酬」のボンドガール、ジェマ・アータートンが決定している。アクションゲームを原作としたマイク・ニューウェル監督、ジェイク・ギレンホール共演の「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」(10)、文豪エミリー・ブロンテ原作でピーター・ウェバー監督の「嵐が丘」(10)に続く主役となる。

ストーリーは、セクシーなタマラが美容整形手術後に、大都会を離れて英国の小さな村で暮らすことになり、時代遅れの村人たちとの暮らしの中で、彼女のダークな情熱がかき乱されるというもの。

同作は英フィルムカウンシルのファンドにより、9月21日にイギリスで撮影開始される。「私は長い間、ポージー・シモンズの作品が大好きだった」と語るフリアーズ監督だけに、主人公タマラを描写するフェミニズム的な解釈も含め、名匠の腕に期待したい。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi