「ディア・ドクター」モントリオール映画祭で上映、外国人観客が鶴瓶に爆笑 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年9月4日 > 「ディア・ドクター」モントリオール映画祭で上映、外国人観客が鶴瓶に爆笑
メニュー

「ディア・ドクター」モントリオール映画祭で上映、外国人観客が鶴瓶に爆笑

2009年9月4日 12:00

鶴瓶の面白さは通訳不要「ディア・ドクター」

鶴瓶の面白さは通訳不要
撮影:大西二士男
[拡大画像]

[映画.com ニュース] へき地医療と医師不足の問題を描いた西川美和監督のヒューマンドラマ「ディア・ドクター」が、第33回モントリオール世界映画祭ワールド・コンペティション部門で9月2日(現地時間)公式上映され、西川監督と主演の笑福亭鶴瓶瑛太が舞台挨拶を行った。

本作は「ゆれる」で高い評価を受けた西川監督の最新作で、6月27日に日本公開されて以来、ロングランヒットを記録している。

レッドカーペットを楽しみにモントリオール入りした「ディア・ドクター」一行だが、公式のレッドカーペット行事は映画祭のオープニングとクロージングのみで、本作の上映日は予定されていなかったことが分かり、気分だけ味わったそうだ。

上映後、万雷の拍手のなか3人がステージに登壇し、鶴瓶が「つるべといいます」と自己紹介すると、観客の9割が鶴瓶のことを知らない外国人だったにも関わらず、会場は笑いに包まれたとのこと。「メルシー・ボク」「こちらはエイタ、ぼくツルベ」にさらなる爆笑が巻き起こり、舞台挨拶は大盛況だったようだ。

初めて海外の映画祭に参加した鶴瓶は、「瑛太さんともども、よい経験となりました。昨日の試写のときから映画の評判がものすごくよくて町を歩いてたら、映画を見た人からブラボー!と声をかけられてびっくりしたでほんま。ブラボーと名前変えようかと思うぐらい(笑)」とコメント。

また、西川監督は、「海外の映画祭はいくつもありますが、今回参加してみて、とりわけこの映画祭は、生活している方たちにとても多く見ていただけて、とても近い距離を感じたんです。いい意味で敷居の低さを感じました。呼んでいただいたこと、とても感謝しています」と喜びを語った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi