「ホームズ」のガイ・リッチー監督が新たにDCコミックを映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年9月4日 > 「ホームズ」のガイ・リッチー監督が新たにDCコミックを映画化
メニュー

「ホームズ」のガイ・リッチー監督が新たにDCコミックを映画化

2009年9月4日 12:00

ワーナーと“熱愛中”のようで「シャーロック・ホームズ」

ワーナーと“熱愛中”のようで
Photo:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ワーナー・ブラザースのこの冬の目玉作品「シャーロック・ホームズ」を手がけるガイ・リッチー監督が、星間の賞金稼ぎとなるエイリアンを主人公とするDCコミック「ロボ(Lobo)」を原作とする実写版映画について、ワーナーと監督契約を結んだという。

米バラエティが伝えたもので、「Gガール 破壊的な彼女」「ファンタスティック・フォー/銀河の危機」のドン・ペインが脚本を執筆中で、ジョエル・シルバー(「シャーロック・ホームズ」)、アキバ・ゴールズマン(「アイ・アム・レジェンド」)、アンドリュー・ローナ(「リベリオン」)がプロデュースを務める。ゴールズマンはつい先日、DCのライバルであるマーベル原作の「ファンタスティック・フォー」の新シリーズのプロデューサーに決まったばかりだ。

「ロボ」は、1983年にDCコミックの「オメガマン」(「グリーン・ランタン」のスピンオフ)に初登場したキャラクターで、ロジャー・シルファー&キース・ゲフィンによって創出されたアンチヒーロー。身の丈7フィート(2.1メートル)、肌は青く、筋骨隆々とした不死身の肉体を持ち、葉巻をくゆらしてド派手に改造したバイクに乗るエイリアンだ。地球に舞い降りた賞金稼ぎのロボが、星間に大混乱をもたらした4人の逃亡者を追う、というストーリーになる模様。

なお、作者ゲフィンはロボを創出した理由として90年代に「パニッシャーやウルヴァリン、その他のプロトタイプなヒーローへの反論として、彼を生み出した」と説明している。

ワーナーは早ければ来年早々にもクランクインしたい考えで、全米レイティングとしてR指定は避けてPG-13指定にし、暴力のレベルを下げるという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi