キアヌ・リーブスが、自ら主演のロマンチックコメディをプロデュース : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年9月3日 > キアヌ・リーブスが、自ら主演のロマンチックコメディをプロデュース
メニュー

キアヌ・リーブスが、自ら主演のロマンチックコメディをプロデュース

2009年9月3日 12:00

演じるときはヒゲ剃ってね「ターミナル」

演じるときはヒゲ剃ってね
[拡大画像]

[映画.com ニュース] キアヌ・リーブスが、ロマンチックコメディを自らプロデュース、主演することになった。

米バラエティ誌が報じたもので、タイトルは「Henry's Crime」。ニューヨーク州バッファローを舞台に、やってもいない銀行強盗の罪をきせられた心の大きな男ヘンリー(リーブス)をめぐる、フランク・キャプラ風のロマンチックコメディだ。

脚本を手がけたのは、スティーブン・スピルバーグ監督作「ターミナル」(04)の脚本家で、最近では、監督と脚本を務めたカナダのヘビーメタルバンド、アンヴィルのドキュメンタリー映画「Anvil! The Story of Anvil」が高い評価を得ているサッシャ・ガバシ。リーブスとは公私ともに親しい付き合いをしているという。

そしてメガホンを取るのは、写真家としても知られるマルコム・ベンビル。ベンビルが監督デビューを果たした前作「44 Inch Chest」(09)は、ジョン・ハートトム・ウィルキンソンらベテランの名優たちが繰り広げる過激なバイオレンスドラマとのことで、2作目にしてがらりと雰囲気の異なる作品に挑戦することになりそうだ。

なお本作は、リーブスがスティーブン・ハメルと立ち上げた製作会社カンパニー・フィルムズの第1弾作品となる予定で、11月からバッファローで撮影を開始する。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi