マイク・リー監督が、常連俳優大結集の新作をロンドンで撮影開始 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年9月1日 > マイク・リー監督が、常連俳優大結集の新作をロンドンで撮影開始
メニュー

マイク・リー監督が、常連俳優大結集の新作をロンドンで撮影開始

2009年9月1日 12:00

脚本を使わず、常連俳優たちと 演技を作りあげるリー監督「ヴェラ・ドレイク」

脚本を使わず、常連俳優たちと
演技を作りあげるリー監督
Photo:Rex Features/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「秘密と嘘」(96)でカンヌ国際映画祭パルムドール、「ヴェラ・ドレイク」(04)でベネチア国際映画祭金獅子賞を受賞しているイギリスの巨匠マイク・リー監督の、アカデミー脚本賞にノミネートされた「ハッピー・ゴー・ラッキー(原題)」以来となる新作が、ロンドンで撮影開始されたようだ。

米バラエティ誌が報じたもので、タイトルも作品内容も不明だが、同作のキャスティングだけは明らかにされている。

イメルダ・スタウントン(「ヴェラ・ドレイク」)、ジム・ブロードベント(「トプシー・ターヴィー」)、フィル・デイビス(「ヴェラ・ドレイク」)、レスリー・マンビル(「人生は、時々晴れ」)といったマイク・リー組常連の実力派ベテラン俳優たちが再結集。リー組初参加として、「ハリー・ポッター」シリーズのアーガス・フィルチ役でおなじみのデビッド・ブラッドリー、「28日後...」のスチュワート・マッカリーが加わっている。

リー監督にとっては、長年プロデューサーを務め、今年4月に亡くなったパートナーのサイモン・チャニング・ウィリアムズの死を乗りこえての新作となる。製作資金は、米フォーカス・フィーチャーズ、英フィルム4、英プレミア・ファンド(映画協議会)により供出されている。

同作は8月26日にクランクインし、今後9週間撮影が続く予定だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi