庵野秀明&樋口真嗣監督が「ギャラクティカ」スピンオフにダメ出し!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年8月28日 > 庵野秀明&樋口真嗣監督が「ギャラクティカ」スピンオフにダメ出し!?
メニュー

庵野秀明&樋口真嗣監督が「ギャラクティカ」スピンオフにダメ出し!?

2009年8月28日 12:00

細部まで語りだしたら止まらない2人「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」

細部まで語りだしたら止まらない2人
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 海外TVシリーズ「GALACTICA/ギャラクティカ」のスピンオフ作品「GALACTICA:RAZOR/ペガサスの黙示録」のDVD発売を記念し、8月27日に東京・新宿バルト9で「GALACTICAサーガ補完計画」と題したイベントが開催された。当日は「ペガサスの黙示録」がDLP上映されたほか、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」が大ヒット中の庵野秀明監督と、「ギャラクティカ」ファンを公言する「隠し砦の三悪人/THE LAST PRINCESS」の樋口真嗣監督がトークショーを行った。

「GALACTICA:RAZOR/ペガサスの黙示録」はシーズン2中盤の連作で傑作の呼び声も高い「ペガサス三部作」にまつわる過去と後日談を描いたスピンオフ作品。「壮大な軍艦の映像美に注目ですね」とマニアらしい視点で魅力を語る庵野監督は、ギャラクティカのアダマ艦長(エドワード・ジェームズ・オルモス)がお気に入りだそうで、「やっぱり、船といえば艦長ですよ。男にしか分からない感覚だと思いますが」とコメント。

一方、今年1月にブーマー役の女優グレイス・パークが来日した際、サインをもらったと喜ぶ樋口監督は、今回のスピンオフ作品に新たな東洋人のキャラクターが登場することに触れ、「デレがなくてツンだけみたいな美女。もうドストライクですよ!」と興奮気味に語り、女性司会者から「樋口監督ってMなんですか?」とつっこまれていた。

上映後、改めてトークに臨んだ2人は、ある重要なキャラクターの過去を描いた点について庵野監督が「いらないと思う」と容赦なくダメ出しすると、樋口監督も「40年前を描いているのに、ギャラクティカの形が同じ!」と厳しく指摘。その舌好調ぶりから両監督の「ギャラクティカ」に対する愛情が伝わるトークショーとなった。

DVD「GALACTICA:RAZOR/ペガサスの黙示録」は9月25日リリース。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi