ケイト・ウィンスレットが自閉症ドキュメンタリーのナレーション : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年8月28日 > ケイト・ウィンスレットが自閉症ドキュメンタリーのナレーション
メニュー

ケイト・ウィンスレットが自閉症ドキュメンタリーのナレーション

2009年8月28日 12:00

ケイトも私生活では2児の母「愛を読むひと」

ケイトも私生活では2児の母
Photo:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「愛を読むひと」のオスカー女優ケイト・ウィンスレットが、自閉症をテーマにしたドキュメンタリー映画のナレーションを担当することが分かった。

英BBCが報じたもので、ウィンスレットが声を提供するのは、「春にして君を想う」「精霊の島」などの作品で知られるアイスランドのフリドリック・トール・フリドリクソン監督の新作「サンシャイン・ボーイ(The Sunshine Boy)」。重度の自閉症を患う11歳の息子との日々に奮闘する母親の姿を描いたドキュメンタリーだ。本作のフッテージを見たウィンスレットは、ぜひとも関わりたいと仕事の依頼を快諾したという。

本作のプロデューサーも務めた母親のマルグレート・ダグマー・エリクスドッティルは、「ケイトがナレーションを引き受けてくれたことを非常にうれしく、光栄に思っている。彼女が参加してくれることで、現在世界中で最も早いスピードで蔓延する疾病の一つとも言われる自閉症に対する人々の関心が一層高まると思う」と語った。

なお、アイスランド出身の世界的ミュージシャン、ビョークとシガー・ロスが本作の音楽を手がけている。「サンシャイン・ボーイ」は、9月に開催される第34回トロント国際映画祭でプレミア上映される予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi