こども店長・加藤清史郎の可愛さにフランス人女優もメロメロ! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年8月27日 > こども店長・加藤清史郎の可愛さにフランス人女優もメロメロ!
メニュー

こども店長・加藤清史郎の可愛さにフランス人女優もメロメロ!

2009年8月27日 12:00

フレンチ美女も清史郎くんに夢中「幸せはシャンソニア劇場から」

フレンチ美女も清史郎くんに夢中
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「コーラス」の製作ジャック・ペランクリストフ・バラティエ監督による最新作「幸せはシャンソニア劇場から」の日本公開を記念して、8月26日、東京・半蔵門のTOKYO FMホールでジャパンプレミアが開催され、ヒロインを演じたフランス人女優ノラ・アルネゼデールが登壇した。

映画の舞台は1936年のパリ。街の人々に愛されていた音楽ホール、シャンソニア劇場は不況のあおりで閉館してしまう。長年裏方として劇場を支えてきたピゴワル(ジェラール・ジュニョ)は劇場を取り戻そうと一念発起し、オーディションに来た美女ドゥース(アルネゼデール)の歌声を頼りに再び公演を始めるが……。

現在20歳のアルネゼデールは、約3000人の候補の中から歌姫ドゥース役に抜擢されたシンデレラガール。「バラティエ監督に『君はドゥース役には若すぎる』と言われたんだけど、後にその監督から『ドゥースを演じてほしい』と電話で報せを受けて、あまりにも信じられなくて笑い転げてしまったわ」と、3カ月間に及んだというオーディションを振り返った。

劇中でドゥースが歌う本作の主題歌「パリ、愛してる」を、東京FM少年合唱団とともにアカペラで歌い上げたアルネゼデールの前に、「天地人」の与六役やCMの“こども店長”で知られる子役の加藤清史郎が登場。フランス語で「こんばんは。日本へようこそ。この作品が大好きです。いつか共演できる日を楽しみにしています」と挨拶すると、その健気な姿に感激したアルネゼデールは、「ぜひパリに来て!」と頬をほころばせた。また、会場には華道家の假屋崎省吾も来場し、映画をイメージしたというオリジナルアレンジブーケが贈られた。

幸せはシャンソニア劇場から」は9月5日公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi