上野樹里、気鋭監督らに「刺激受けた」。歌にも挑戦した「上野樹里と5つの鞄」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年8月26日 > 上野樹里、気鋭監督らに「刺激受けた」。歌にも挑戦した「上野樹里と5つの鞄」
メニュー

上野樹里、気鋭監督らに「刺激受けた」。歌にも挑戦した「上野樹里と5つの鞄」

2009年8月26日 11:19

上野のいろんな表情が見られそう「ホノカアボーイ」

上野のいろんな表情が見られそう
(C)文化通信
[拡大画像]

[映画.com ニュース] WOWOWで9月3日からスタートする連続オムニバスドラマ「上野樹里と5つの鞄」の発表会見が8月25日、都内で行われた。若手演技派女優の上野樹里が、気鋭の映画監督らと真剣勝負した意欲作。上野は「監督の発想に私も刺激を受けた。普通の連続ドラマにない面白いアイデアが毎回詰まってる!」と自信たっぷりにアピールした。

同ドラマは、“上野と鞄”という共通テーマを、5組のクリエイター・ユニットが独自の視点で描いた5つのオムニバス作品。監督は、映画「ホノカアボーイ」の高崎卓馬、「へブンズ・ドア」のマイケル・アリアスの両映画監督をはじめ、山下敦弘、タカハタ秀太、萩生田宏治と映画・TV界で活躍する気鋭ぞろい。

会見で上野は「撮影は短かったけれど、企画からそれぞれの監督と話を重ねて、やりがいがあった」の充実の表情。「私と監督や脚本家が一緒になるとこうなるんだなという発見がある。それぞれの監督のファンが見ても面白いはず」と自信を見せ、「各監督の次回作にも携わってみたい」と、さらなる意欲を見せた。

今回上野は、自らエンディングテーマを歌い、その作曲も手がけており、少し照れながらも「役者の枠を超えて、違うことをやらないかって声をかけてくれるとうれしい」。第一話「ギターケースの女。」(タカハタ監督)では、フォークギターの弾き語りにも挑戦し、泉谷しげるを見事に歌いあげている。

会見後に行われたトークショーに、「ギターケースの女。」で共演した江口のりこが出席すると、出身地が近く普段から仲の良い2人は和気あいあい。テーマの鞄にちなんで合計約208カラット、2182ピースのダイヤがちりばめられた2億円のダイヤモンドビジューバッグも登場。バッグを持ち上げた上野は「チワワ1匹分くらいの重さ」と表現し笑顔をふりまいた。

上野樹里と5つの鞄」は、WOWOWで9月3日より毎週木曜夜11時30分放送。これに合わせ、同局では「ジョゼと虎と魚たち」など上野の出演映画6作品を一挙放送する特集「上野樹里と6つの映画」や、最新主演映画「キラー・ヴァージンロード」関連番組も放送する。(映画.com×文化通信.com)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi