バービンスキー監督が「パイレーツ4」に続き「バイオショック」も降板 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年8月26日 > バービンスキー監督が「パイレーツ4」に続き「バイオショック」も降板
メニュー

バービンスキー監督が「パイレーツ4」に続き「バイオショック」も降板

2009年8月26日 12:00

[映画.com ニュース] 今夏、ディズニーの大ヒットシリーズ第4弾「パイレーツ・オブ・カリビアン4」の監督の座を降り、シューティングRPGを下敷きとしたユニバーサルのSF映画「バイオショック」を監督することを選んだゴア・バービンスキーが、その監督からも降板し、プロデューサーに専念することになった。

米バラエティ誌が伝えたもので、ユニバーサルは「28週後...」「10億分の1の男」のスペイン人監督フアン・カルロス・フレスナディージョを後任の監督に選んだ。「ラスト・サムライ」「アビエイター」の脚本家ジョン・ローガンが脚本を担当する。

監督の交代の理由は、1億6000万ドル(約150億円)とも伝えられた高額の製作費が直接的な要因のようだ。ユニバーサルはその予算を削減するため、(アメリカ以外の)海外で製作するプランに変更。ところが、バービンスキー監督は、ジョニー・デップが声の出演をするパラマウントのアニメ映画「ランゴ(Rango)」(2011年公開予定)の監督の仕事にかかり切りのため、撮影に参加できなくなったのだという。

なお、主演には「プリズン・ブレイク」のウェントワース・ミラーが噂されているが、キャスティングに関する進展は発表されていない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi