マリエ、高校生に国際人の心得を伝授!「正義のゆくえ」講義付き試写イベント : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年8月25日 > マリエ、高校生に国際人の心得を伝授!「正義のゆくえ」講義付き試写イベント
メニュー

マリエ、高校生に国際人の心得を伝授!「正義のゆくえ」講義付き試写イベント

2009年8月25日 12:00

海外生活の体験を交えてアドバイス「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」

海外生活の体験を交えてアドバイス
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ハリソン・フォードが不法滞在者の取締官に扮し、現代アメリカの移民問題に真正面から取り組んだ社会派ドラマ「正義のゆくえ/I.C.E.特別捜査官」の高校生を対象とした試写会が、8月24日、東京・新宿の芸能花伝舎にて行われた。ニューズウィーク日本版の竹田圭吾編集長とモデル・タレントのマリエがそれぞれ特別講師、聴講生として登壇。移民問題に関する講義を行った。

本作は、脚本に惚れ込んだフォードが、低予算にも関わらず出演を快諾した初の非メジャー系作品。正義感が強く良心的な移民局I.C.E.のベテラン捜査官マックス(フォード)が、同僚の妹が殺された事件をきっかけに、人情と職務のはざまで苦悩する姿を描く。

フランス系カナダ人を父に持ち、オーストラリアやアメリカで暮らすなど海外経験も豊富なマリエは「今まで自分が触れてきたカルチャーが鮮明に描かれている」と映画を賞賛。熱心にメモを取る高校生たちと一緒に、竹田編集長の授業に耳を傾けた。ふだんは大胆な発言とユニークな言動で周囲を煙に巻くマリエだが、この日ばかりは真剣な表情で「小さい頃はハーフだからといじめられた」と悲しい過去を告白。「9・11後にアメリカに留学したら、クラス全員が『戦争すべきだ』と言っていて驚いた」など、海外生活での体験談を披露した。

また、グローバル化社会を生きる高校生へのアドバイスを求められると「(ジャンルの違う)ロックやポップスを聴くように、人種の違いも拒絶せず知ろうとすることが第一歩。それでダメならしょうがない(笑)」とコメント。いつもとは違うまじめな一面を見せた。

正義のゆくえ/I.C.E.特別捜査官」は9月19日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi