「トワイライト」ハードウィック監督が、ゴシック風「赤ずきん」を映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年8月25日 > 「トワイライト」ハードウィック監督が、ゴシック風「赤ずきん」を映画化
メニュー

「トワイライト」ハードウィック監督が、ゴシック風「赤ずきん」を映画化

2009年8月25日 12:00

ティーン作品はお手のもの「赤ずきん」

ティーン作品はお手のもの
Photo:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「トワイライト/初恋」のキャサリン・ハードウィック監督が、グリム童話などで広く知られる「赤ずきん」をモチーフにした映画「The Girl With the Red Riding Hood(原題)」で監督を務めることが分かった。

米バラエティ誌が報じたもので、ワーナー・ブラザースとレオナルド・ディカプリオの製作会社アッピアン・ウェイがプロデュースする。7月に全米公開されたホラー映画「エスター」(ジャウム・コレット=セラ監督/10月10日日本公開)のデビッド・ジョンソンが執筆した脚本をもとに、ティーンエイジャーの恋の三角関係を中心に据えた、ゴシックテイストの赤ずきんになるとのこと。

監督予定作が目白押しのハードウィック監督、待機中のプロジェクトにはほかにも、「イントゥ・ザ・ワイルド」のエミール・ハーシュとタッグを組む現代版「ハムレット」、ソニーのファンタジー映画「マキシマム・ライド(原題)」などがある。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi