マット・デイモン主演「ボーン4」に、新しい脚本家が決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年8月24日 > マット・デイモン主演「ボーン4」に、新しい脚本家が決定
メニュー

マット・デイモン主演「ボーン4」に、新しい脚本家が決定

2009年8月24日 12:00

「ボーン」シリーズから名脚本家が続々!「ボーン」

「ボーン」シリーズから名脚本家が続々!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] マット・デイモン主演&ポール・グリーングラス監督の、「ボーン・アルティメイタム」に続くユニバーサル映画のシリーズ第4作「ボーン4(仮題)」に、新たな脚本家が加わることになった。

米ハリウッド・レポーター誌によると、その脚本家はジョシュア・ゼトゥマーという新人脚本家で、フランク・ハーバートのSF小説を原作とした「デューン/砂の惑星」(84)の、ピーター・バーグ監督(「ハンコック」)による2010年完成予定のリメイク版の脚本を手がけたライターらしい。

ゼトゥマーは、前作「ボーン・アルティメイタム」の脚本家のひとりで、「ボーン4」のメイン脚本家だったジョージ・ノルフィに交代する形で同作に参加することになる。

というのも、ノルフィは、フィリップ・K・ディックの短編小説「調整班」を原作とした、マット・デイモンエミリー・ブラント(「プラダを着た悪魔」)主演のロマンチックSF「アジャストメント・ビューロー(The Adjustment Bureau)」で、脚本家および初の映画監督としてこの9月から撮影に入るため、そちらに専念することになったからだ。

「ボーン4」のプロデューサーであるフランク・マーシャルとジェフリー・ワイナー、製作スタジオのユニバーサル映画は、ノルフィが企画に戻るのを待たずに、ゼトゥマーによる脚本の完成を急がせる模様だ。同作は2011年公開予定ながら、ストーリーも未完成ならば、まだタイトルも決まっていない。

ちなみに、「ボーン」シリーズの脚本家出身者では、トニー・ギルロイが、監督デビュー作「フィクサー」(07)でアカデミー監督賞&脚本賞にノミネートされるなど活躍している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi