ブラッド・ピット、「子どもたちのためにマリファナをやめた」と告白 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年8月18日 > ブラッド・ピット、「子どもたちのためにマリファナをやめた」と告白
メニュー

ブラッド・ピット、「子どもたちのためにマリファナをやめた」と告白

2009年8月18日 12:00

ドラッグは「ダメ。ゼッタイ」「トゥルー・ロマンス」

ドラッグは「ダメ。ゼッタイ」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ブラッド・ピットが8月14日、米HBOのビル・マーが司会を務めるトーク番組「リアル・タイム・ウィズ・ビル・マー」に出演し、マリファナは子どもたちのためにやめたと告白した。

93年の映画「トゥルー・ロマンス」にドラッグ中毒者の端役で出演していたピットについて、司会者のマーが「ハイになってる演技はショーン・ペンとキミがベストだ」と絶賛すると、ピットは確かにマリファナの経験はあるとコメント。

また、マーが、数年前の大晦日のパーティでピットを見かけた際、完全にシラフだったものの、見たこともないくらい完璧に、何本もマリファナを巻いていたよね、と問いただすと、ピットは「それは俺じゃない」とジョークを飛ばした後、恥ずかしそうに「俺はアーティストなんだ」と答えた。

しかし、ピットは今はもうマリファナは吸っていないと断言。パートナーのアンジェリーナ・ジョリーとの間に6人の子どもを持つピットは、やめた理由について、「俺はもう父親なんだ。子どもたちを守らなきゃいけない。(マリファナをやっていた時)俺の目は据わってたんだ」と語った。

ピットは先日、パレード誌のインタビューでも「マリファナを吸うのは好きだった。そうすると世間からとても隔離されている感じがした。それから、そんな状態に飽きたんだ。もう十分だ」と答えていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi