田口監督「マンモスうれピー」。「色即ぜねれいしょん」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年8月17日 > 田口監督「マンモスうれピー」。「色即ぜねれいしょん」初日
メニュー

田口監督「マンモスうれピー」。「色即ぜねれいしょん」初日

2009年8月17日 12:00

舞台挨拶の話題はなぜか、のりピー「色即ぜねれいしょん」

舞台挨拶の話題はなぜか、のりピー
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「アイデン&ティティ」の原作者みうらじゅん田口トモロヲ監督が再びタッグを組んだ青春映画「色即ぜねれいしょん」の初日舞台挨拶が、8月15日、東京のシネセゾン渋谷で行われ、原作者のみうらじゅん田口トモロヲ監督、出演者の渡辺大知峯田和伸(銀杏BOYS)、リリー・フランキー臼田あさ美石橋杏奈森岡龍が賑やかに登場した。

みうらじゅんの自伝的小説を基にした本作は、70年代の京都を背景に、ロックな生きざまに憧れるモテない文科系男子の主人公・純(渡辺大知)のひと夏の青春物語だ。映画初出演で、主役の大役をこなした渡辺は緊張の面持ちで、「ちょうど1年前に撮った映画で、また夏が来たなという感じです。ガンバリました」と初々しく挨拶。「練習したいけど練習の仕方も分からないような状態でしたが、周囲に助けられました」と初の撮影体験を振り返った。

田口監督は公開にこぎ着けた喜びを「田口としては『マンモスうれピー!』」とかなりきわどい発言。みうらも「この映画は法然上人800年祭と覚せい剤廃絶のために作りました」と悪ノリ宣言。リリーも「最近は家でずっと『のりピー音頭』の練習をしています。(覚醒剤は)ダメ、絶対」と畳みかけて会場を爆笑の渦に巻き込んだ。

田口とみうらは、94年にロックデュオ「ブロンソンズ」を結成するなど映画コラボ以前からの長い付き合い。田口は「まさか2度もみうらさんの作品を映画にするとは!」と感慨深げ。「この作品は優等生にもヤンキーにもなれない、グレーゾーンの人たちの話。今そういう人が多くて、彼らが望んでいたから出来た」と語った。一方のみうらは「うちのオカンから『セックスのシーンがなくてパンチがない』と注意されるほど地味な小説なのに、パッとした映画にしていただいた。またもや原作超えです!」と映画の出来に大満足の様子だった。

田口監督は最後に「今日ここに来ているみなさんは、童貞&処女マインドをキープオンされている方々だと思っています。仲間です。この映画を『文科系 ROOKIES/卒業できない』『余命70年の童貞』としてねずみ講のように、マルチ商法的にまわりの人々に薦めてください」と呼びかけ、爆笑舞台挨拶は幕を閉じた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi