ジェイソン・ステイサム、ヒットシリーズ「トランスポーター」を語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年8月14日 > ジェイソン・ステイサム、ヒットシリーズ「トランスポーター」を語る
メニュー

ジェイソン・ステイサム、ヒットシリーズ「トランスポーター」を語る

2009年8月14日 12:00

体を張ったアクションシーンを楽しんでくれ「トランスポーター」

体を張ったアクションシーンを楽しんでくれ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] リュック・ベッソン製作・脚本の人気シリーズ第3弾「トランスポーター3/アンリミテッド」(オリビエ・メガトン監督)で、主人公の運び屋(トランスポーター)フランク・マーティンを演じているジェイソン・ステイサムが、本作について語った。

いまやステイサムの代名詞となった「トランスポーター」シリーズは、本人にとっても「とても重要なものだ」という。「このシリーズは、プロデューサーのスティーブン・チャズマンが、僕のための作品が何か作れないかとリュック・ベッソンに持ちかけて生まれたんだ。僕が子どもの頃から培ってきたフィジカルな能力を生かしたものをとね。僕にとってはまさにターニングポイントとなった作品だし、多くの人たちが1作目を気に入ってくれて、3本もこの作品をやれたことに感謝してるよ」

もともと水泳の高飛び込みの選手だったステイサムは、その鍛えられた肉体を生かしアクション映画に数多く出演しているが、中でもこのシリーズは、アクション監督を務めるコーリー・ユン(「キス・オブ・ザ・ドラゴン」「レッドクリフ」)との仕事が楽しみだという。

「彼が作品に持ち込んでくれるものはとてもユニークだし、彼と彼が連れて来るチームの仕事に対する姿勢が大好きなんだ。すべてのアクションシークエンスの中でどれが一番印象に残っているか、選ぶことはできないよ。どれも魅力的だからね。でも、一番最初の多数の敵に囲まれた格闘シーンは、とても記憶に残ってる。たった1日で撮影しないといけなかったからね。理想的には4日間ぐらい欲しいところだったけど、僕らは与えられた中でやるしかない。たった1日であれだけのアクションシーンを撮影するというのは、とても厳しい条件だけど、それをなんとかこなすことができたからね」

ステイサムが「僕が知る限り、これがシリーズの最後の作品になる」と語る「トランスポーター3/アンリミテッド」では、車から20メートル離れると爆発する腕輪をつけられたフランクが、謎の美女とともにヨーロッパを横断し、危険な任務に挑む姿が描かれる。ステイサム入魂のアクションの数々も盛り込まれた本作は、8月15日より公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi