ゲイのアルモドバル監督、「ペネロペ・クルスには欲望を感じた」と告白 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年8月13日 > ゲイのアルモドバル監督、「ペネロペ・クルスには欲望を感じた」と告白
メニュー

ゲイのアルモドバル監督、「ペネロペ・クルスには欲望を感じた」と告白

2009年8月13日 12:00

ペネロペの色気はゲイをも魅了「ライブ・フレッシュ」

ペネロペの色気はゲイをも魅了
Photo:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女性たちを主役にした映画に定評のあるスペインのペドロ・アルモドバル監督は、同性愛者であることでも知られている。にもかかわらず、数多いる出演女優のなかでただ1人、ペネロペ・クルスには「性的な欲望を感じた」ことを、英タイムズ紙とのインタビューで明かした。

ライブ・フレッシュ」「オール・アバウト・マイ・マザー」「ボルベール/帰郷」に続いて、今年のカンヌ国際映画祭に出品された最新作「ブロークン・エンブレイシズ」でも再びコンビを組んだアルモドバル監督とクルス。

クルスについて聞かれた同監督は、「これまでたくさんの女優と一緒に仕事をしてきたが、仕事の枠を超えたある種の欲望を感じたのはペネロペだけだ」と告白。「監督として、主演女優とはつねに激しい感情のやりとりを交わしているが、通常そこにセックスは介在しない。それが、ペネロペだけは違うんだ。彼女には性欲をかき立てられたんだ」と、率直な言葉でミューズとの関係を語った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi