マックG監督がサム・ワーシントンに「海底2万マイル」のネモ船長を希望 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年8月11日 > マックG監督がサム・ワーシントンに「海底2万マイル」のネモ船長を希望
メニュー

マックG監督がサム・ワーシントンに「海底2万マイル」のネモ船長を希望

2009年8月11日 12:00

引く手あまたのワーシントン!「ターミネーター4」

引く手あまたのワーシントン!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] マックG監督作「ターミネーター4」でマーカス・ライトという重要なキャラクターを演じたオーストラリア人俳優サム・ワーシントン(33)の出演作が目白押しだ。

ジェームズ・キャメロン監督の15年ぶりのSF超大作「アバター」(12月18日公開)、ルイ・レテリエ監督のギリシア神話の映画化「タイタンの戦い」、そしてロバート・レッドフォード主演の政治ドラマ「候補者ビル・マッケイ」(76)のリメイクと、主演級の作品が続く。さらに、マックG監督がリメイクを目指している、ジュール・ベルヌ原作のディズニー映画「海底2万マイル(20,000 Leagues Under the Sea: Captain Nemo)」(54)のリメイク版における潜水艦ノーチラス号のネモ船長役も、ワーシントンに決まろうとしている。

54年に製作されたオリジナル版は、ディズニー映画初の実写作品。そのネモ船長役には今年1月の段階では、マックG監督はウィル・スミスの起用をほのめかしていたが、「ターミネーター4」でワーシントンと組んでからというもの、「ターミネーター5」での彼の起用を明言するほど、大のお気に入りなのだという。

20世紀フォックスの「アバター」、ワーナーの「タイタンの戦い」はともに大ヒット間違いなしと予想されている。ワーシントンがネモ船長を演じるディズニーの新版「海底2万マイル」が公開される2010年頃には、世界的なトップスターに躍り出ているはずだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi